織り手と作り手
​ールンタの職人たちー

ルンタプロジェクトは、チベットやネパールの伝統的な絞り染めや織り物の商品化、手工芸の技術的サポートをすることで女性たちの自立支援を行っています。

みなさんが商品をお買い上げくださることは、織り手の女性たちの自立支援につながります。

ネパールのNGOシャクティ・サムハのシェルターで生活する人身売買の被害女性たち

シャクティ・サムハ(Shakti Samuha)は、1996年にインドのムンバイの売春宿から救出されたネパール人女性15人が集まって立ち上げたNGOです。人身売買被害者たち自らが立ち上げた、世界で初めての団体であるシャクティ・サムハはピアグループとしての自助活動、人身売買の予防と啓発といった人権活動、被害者のためのシェルターを運営しています。

ネパールのNGOシャクティ・ミラン・サマージュのHIV陽性者・AIDS患者の女性たち

2

シャクティ・ミラン・サマージュ(Shakti Milan Samaj)は、シャクティ・サムハのメンバーのうち、HIVに感染した女性たちにより2006年に設立。HIV陽性者やAIDS患者の人権擁護といったアドボカシー活動や、自立支援を行なっています。

ランタン谷の女性たち

3

首都カトマンズから 150 キロ、標高 3,500 メートルに位置するランタン谷は高山植物の 花が多くみられることで有名な美しい谷。チベット仏教を信仰するチベット系民族が暮らし、世界中からトレッカーたちが訪れていました。ネパール地震により谷は壊滅的被害を受け、 総人口 650 人のうち 175 人が亡くなり、全 116 世帯が全壊もしくは半壊しました。アクセスの悪さのため、復興には多くの時間が掛かると言われています。

ブルディム村の女性たち

4

ランタン谷の手前に位置するブルディム村も、ネパール大地震によって家が倒壊するなどの甚大な被害を 受けました。加えて、ランタン谷へのトレッキングルートが損壊したことから、 ブルディム村への観光客も激減し、現金収入が途絶えてしまったことで、村人たちは苦しい生活を強いられています。

ヒマラヤの峰々で生み出される、ルンタプロジェクトの美しい織り物と女性たち

もっと見る